遺伝する疾病は数多くある

かなり古くから遺伝による病気はあるのではないかと言われていきました。しかし医学的に証明することは難しく、眉唾として排除されていた時代もあります。最近は学問も発展し、それによる疾病は数多く確認されています。もちろん親が病気だからといって、必ず子や孫に発症するわけではありません。劣勢遺伝子である場合も多く、数世代を越えて発症する場合もあります。死亡原因の上位に名を連ねる、がんや脳卒中なども遺伝すると言われています。ですから、両親や祖父母などにそれらの病気の方がおられるなら、自分にも発症する可能性は高くなるため、定期健診を心がけなければなりません。また、いまは遺伝子診断も進歩していて、赤ちゃんのうちに診断を受け、将来罹り得る疾病などを調べておくこともできます。